Reviews

麻植物から作られた製品

特に日当たりと水はけの良い静岡では、弥生時代の遺跡から「おお麻」の布片が分解 戦後の栽培禁止にあたり、野州麻の産地として知られた栃木県だけが大麻の栽培を許 向けに〝大麻〟という植物と麻製品について勉強会を開いたことが始まりだった。 竹から直接作られた製品(一般的に"機械処理された竹繊維"と称される<バンブーリネン 作られたもの<バンブーリネンのこと>ではなく、竹を植物源として製造された繊維に  2017年7月10日 日本で古代から利用されてきた繊維は大麻(ヘンプ)と苧麻(ラミー)です。 ここからは日本で今も伝得られている身近な植物の繊維を利用した伝統織物  2019年8月14日 大麻の種はごく普oasisleaf.com 麻の実(ヘンプシード)を加工した製品としては、 は昔から日本でも愛されていた植物であったことはあまり知られていません。 麻で作られていますし、七味唐辛子(※黒い粒は麻の実です)にもありますね。

織り・染め・加工から生地の厚みまで生地の森がおすすめするリネンの世界をお楽しみ 麻とは植物に含まれている繊維の総称で、その種類は20種近くあるといわれています。 その一種であるリネンは、フラックスとよばれる亜麻の茎を原料として作られた繊維の 衣料など繊維製品に付けられる「家庭用品品質表示法」の「麻」という表示を課して 

2016年6月27日 ここから糸をつくったり、しめ縄といった神仏の麻製品がつくられます。 日本の最高級の大麻糸は、この精麻から手で糸を作り出します(手績みといいます)  リネン」は「亜麻(あま)」という外来種の植物からとれる繊維で、「ラミー」は「苧麻(ちょま)」 また、弥生時代の布はそのほとんどがアサの繊維から作られていました。 ためポリエステルなどとの混紡、交織(こうしょく)製品がふえ、高級麻織物がつくられている。 2017年8月18日 亜麻は亜麻科の一年生で、その植物の靱皮から採った繊維をフラックスといい、フラックスで作った糸や布をリネンといいます。 場合によっては未染着部分ができてしまう問題が発生する。 ニット製品では糸の撚りのトルクが洗濯により緩和され斜行が出来易い。 中央アジアと考えられ、現在では世界各地に分布している。

2016年11月15日 麻と呼ばれる植物たち・麻の種類は、約20種類以上になりますが、下記の表のように 麻として代表的な亜麻(繊維をフラックス,糸や製品をリネンと呼びます), 日本語で麻繊維はアサ科アサ属の大麻(学名Cannabis sativa)から作られた 

2017年2月3日 100%麻の植物から完全に作られたヘンププラスチックまで麻プラスチックに 油、より少ない公害)を使用し、より耐久性のある、生分解性の製品を作る  ヘンプ(麻=大麻)は、日本ではネガティブなイメージのある植物。 しかしそのイメージは、ここ数十年で作られたものなのです。 古来日本人はヘンプ(麻)を大いに活用してき  麻(ヘンプ)は、大麻草(たいまそう)とも呼ばれる植物で、中央アジアが原産地とされている、 大森さんは、麻の栽培だけでなく、麻炭や麻紙作り、それらを使った製品開発にも 剥いだ表皮から精麻がつくられます。1枚の精麻は、麻の太さによって変わってき 

2017年8月18日 亜麻は亜麻科の一年生で、その植物の靱皮から採った繊維をフラックスといい、フラックスで作った糸や布をリネンといいます。 場合によっては未染着部分ができてしまう問題が発生する。 ニット製品では糸の撚りのトルクが洗濯により緩和され斜行が出来易い。 中央アジアと考えられ、現在では世界各地に分布している。

日本では、「大麻草」、あるいは「大麻」と呼ばれる植物をいい、亜麻やマニラ麻など 従来の麻製品(亜麻や苧麻)にはない、やわらかな肌触りと風合い, ・軽くて丈夫、やわらかい 普段の私たちの生活で最も用いられているのは綿(コットン)ですが、栽培時に大量 茎、種子、葉の3つの生産物からさまざまな加工を経て、各種商品がつくられます。 2019年2月22日 ヘンプとマリファナは、いずれも同じアサ科の植物から作られます。 飽和脂肪酸の含有量が高く、食用のほかに美容製品の原料にも使われるすぐれものです。 麻屑とセメントを混ぜて作られるヘンプクリートは、普通のコンクリートに比べて  2013年10月12日 亜麻は「アマ」と読み、麻とはまったく別種の植物なんだそう。 麻」組成の衣服やストール、シーツなどは、この亜麻からつくられた製品だったのです Ӥä.