Reviews

救済療法ガエル・ヘドウ

初回治療で十分な効果が得られなかったり再発した場合、救援化学療法や新しい薬物療法、造血幹細胞移植が検討されます。ホジキンリンパ腫の治療についてわかりやすく解説したページです。グローバル・ヘルスケア企業MSD株式会社が提供するサイトです。 一方、これを選ぶことができない場合には、第二選択などの代用療法(Alternative)が選ばれる。さらに、初回治療が失敗に終わった場合、次の選択肢があることもある。十分な証拠がないけれど、救済のためには挑戦する価値があると思われる治療法が救済  欧米では,2つの後ろ向き研究でPSA 0.4 ng/mL をカットポイントとした場合にPSA上昇や転移発現などとの関連性が高かったことから2,3),救済療法はPSA値が0.4 ng/mL に達した時点で開始するのが妥当との考えがある。したがって,救済療法はPSA値が2  前立腺がんの病期分類と転移の傾向; 前立腺がんのゴールドスタンダードとは; それぞれの治療法の適応基準; T1a、N0、M0の場合; T1b-c、T2、N0M0の場合; T3、N0、M0; T4、N0、M0もしくはN1、M1; 再発時の補助療法、救済治療をどう選択するか; 「再燃」 

前立腺がんの病期分類と転移の傾向; 前立腺がんのゴールドスタンダードとは; それぞれの治療法の適応基準; T1a、N0、M0の場合; T1b-c、T2、N0M0の場合; T3、N0、M0; T4、N0、M0もしくはN1、M1; 再発時の補助療法、救済治療をどう選択するか; 「再燃」 

主に造血器腫瘍において、治療の効果が得られない場合(治療抵抗性)、あるいは再発・再燃した場合に用いる治療を、救援化学療法もしくは救援療法と呼びます。 がんの種類によって治療内容は異なりますが、その多くは複数の薬(抗がん剤など)を組み合わせ  初回治療で十分な効果が得られなかったり再発した場合、救援化学療法や新しい薬物療法、造血幹細胞移植が検討されます。ホジキンリンパ腫の治療についてわかりやすく解説したページです。グローバル・ヘルスケア企業MSD株式会社が提供するサイトです。 一方、これを選ぶことができない場合には、第二選択などの代用療法(Alternative)が選ばれる。さらに、初回治療が失敗に終わった場合、次の選択肢があることもある。十分な証拠がないけれど、救済のためには挑戦する価値があると思われる治療法が救済  欧米では,2つの後ろ向き研究でPSA 0.4 ng/mL をカットポイントとした場合にPSA上昇や転移発現などとの関連性が高かったことから2,3),救済療法はPSA値が0.4 ng/mL に達した時点で開始するのが妥当との考えがある。したがって,救済療法はPSA値が2  前立腺がんの病期分類と転移の傾向; 前立腺がんのゴールドスタンダードとは; それぞれの治療法の適応基準; T1a、N0、M0の場合; T1b-c、T2、N0M0の場合; T3、N0、M0; T4、N0、M0もしくはN1、M1; 再発時の補助療法、救済治療をどう選択するか; 「再燃」 

初回治療で十分な効果が得られなかったり再発した場合、救援化学療法や新しい薬物療法、造血幹細胞移植が検討されます。ホジキンリンパ腫の治療についてわかりやすく解説したページです。グローバル・ヘルスケア企業MSD株式会社が提供するサイトです。

主に造血器腫瘍において、治療の効果が得られない場合(治療抵抗性)、あるいは再発・再燃した場合に用いる治療を、救援化学療法もしくは救援療法と呼びます。 がんの種類によって治療内容は異なりますが、その多くは複数の薬(抗がん剤など)を組み合わせ  初回治療で十分な効果が得られなかったり再発した場合、救援化学療法や新しい薬物療法、造血幹細胞移植が検討されます。ホジキンリンパ腫の治療についてわかりやすく解説したページです。グローバル・ヘルスケア企業MSD株式会社が提供するサイトです。 一方、これを選ぶことができない場合には、第二選択などの代用療法(Alternative)が選ばれる。さらに、初回治療が失敗に終わった場合、次の選択肢があることもある。十分な証拠がないけれど、救済のためには挑戦する価値があると思われる治療法が救済  欧米では,2つの後ろ向き研究でPSA 0.4 ng/mL をカットポイントとした場合にPSA上昇や転移発現などとの関連性が高かったことから2,3),救済療法はPSA値が0.4 ng/mL に達した時点で開始するのが妥当との考えがある。したがって,救済療法はPSA値が2  前立腺がんの病期分類と転移の傾向; 前立腺がんのゴールドスタンダードとは; それぞれの治療法の適応基準; T1a、N0、M0の場合; T1b-c、T2、N0M0の場合; T3、N0、M0; T4、N0、M0もしくはN1、M1; 再発時の補助療法、救済治療をどう選択するか; 「再燃」 

初回治療で十分な効果が得られなかったり再発した場合、救援化学療法や新しい薬物療法、造血幹細胞移植が検討されます。ホジキンリンパ腫の治療についてわかりやすく解説したページです。グローバル・ヘルスケア企業MSD株式会社が提供するサイトです。

主に造血器腫瘍において、治療の効果が得られない場合(治療抵抗性)、あるいは再発・再燃した場合に用いる治療を、救援化学療法もしくは救援療法と呼びます。 がんの種類によって治療内容は異なりますが、その多くは複数の薬(抗がん剤など)を組み合わせ  初回治療で十分な効果が得られなかったり再発した場合、救援化学療法や新しい薬物療法、造血幹細胞移植が検討されます。ホジキンリンパ腫の治療についてわかりやすく解説したページです。グローバル・ヘルスケア企業MSD株式会社が提供するサイトです。 一方、これを選ぶことができない場合には、第二選択などの代用療法(Alternative)が選ばれる。さらに、初回治療が失敗に終わった場合、次の選択肢があることもある。十分な証拠がないけれど、救済のためには挑戦する価値があると思われる治療法が救済  欧米では,2つの後ろ向き研究でPSA 0.4 ng/mL をカットポイントとした場合にPSA上昇や転移発現などとの関連性が高かったことから2,3),救済療法はPSA値が0.4 ng/mL に達した時点で開始するのが妥当との考えがある。したがって,救済療法はPSA値が2  前立腺がんの病期分類と転移の傾向; 前立腺がんのゴールドスタンダードとは; それぞれの治療法の適応基準; T1a、N0、M0の場合; T1b-c、T2、N0M0の場合; T3、N0、M0; T4、N0、M0もしくはN1、M1; 再発時の補助療法、救済治療をどう選択するか; 「再燃」